2017年AKBじゃんけん大会優勝者「Fairy w!nk(フェアリーウインク)」シングル曲1枚のみで終わるのは本当に残念すぎる

「天使はどこにいる?」振り付け教室動画を作成してだめもとでHKT公式に挙げてみてはどうか

AKBじゃんけん大会優勝して制作されるシングル曲は2013年の第4回大会優勝者の松井珠理奈さんセンターの曲「鈴懸なんちゃら….」以来レコード会社及び48グループとしてセールスプロモーションの熱量が段違いに下がってしまいました。

AKB48グループじゃんけん大会(エーケービーフォーティーエイトグループじゃんけんたいかい)は、AKB48グループのメンバーによるじゃんけん大会であり、上位メンバーはAKB48のシングル表題曲などに参加することができる。

2010年の第1回から2013年の第4回まではAKB48シングル選抜じゃんけん大会として、AKB48のシングルに参加するメンバーを選抜し、優勝者がセンターを務めるというものであった。2014年に5回目となるじゃんけん大会が開催されたが、この第5回大会からはソロやユニットデビューが与えられることになり、シングル選抜制ではなくなった。また同会からAKB48ではなく「AKB48グループ」を冠するようになった。

AKB48グループじゃんけん大会 – Wikipediaより

ご多分にもれず最新のじゃんけん王者のフェアリーウインクさんのデビューシングルも素晴らしい楽曲とMVは制作されましたが「鈴懸なんちゃら」以前のシングル曲と比較して可哀想になるぐらいプロモーション(推され)されていません。

恐らく今後も運営レコード会社サイドのバックアップは今のままでは期待できないと思います。

そこでもしも私がフェアリーウインクさんのマネージャーの立場だったら本人出演で振り付け教室動画を作成してYoutubeにアップしてみる事を考えます

それは一言でいって恋チュンや逃げ恥ダンス方式でのプロモーション方式になります。二番煎じ(にばんせんじ)でいかにも素人考えですよね(笑)

二番煎じ(にばんせんじ)

薬草・茶などで、一度煮出したものを、再び煮出すこと。また、煮出したもの。
そこから転じて、以前にあったものの模倣や繰り返しで、変わり映えのしないもの。

二番煎じ – Wikipediaより

Fairy w!nk(フェアリーウインク)とデビュー曲「天使はどこにいる?」について

このあたりについては以下Wikipediaと公式MV動画(フルで視聴できます)と私が書きました拙記事も宜しければご参考ください。

「天使はどこにいる?」(てんしはどこにいる)はHKT48の荒巻美咲と運上弘菜により結成されたユニット・fairy w!nkの楽曲。作詞は秋元康、作曲は外山大輔が担当した。2017年12月13日にfairy w!nkのシングルとしてキングレコードから発売された[1]。

天使はどこにいる? – Wikipediaより

あなたがこの先アイドル好きになるかの心理テスト?「FAIRY W!NK-フェアリーウィンク」デビューMVのダサ可愛いさが最高!

作成する振り付け教室動画について

振り付けどころかYoutubeに動画を上げたこともないタコなKuso素人の私ですがもしも作成するとしたら以下のような意図で作成してみたいです。

振り付け教室動画想定視聴者について

振り付け教室動画を作成して一番見て実際に踊って欲しい対象者はずばり”女子小学生とその母親”になります。

なぜ母娘なのかと問われると的確な答えはうまく説明できないのですがお母さんと娘さんが一緒にアイドル曲を振り付けして踊ってる光景はなんともいえず可愛くないですか?

特に良いのが無表情に踊るとなお可愛さが倍増すると思うんです(笑)

もちろん笑顔で踊る女性も可愛いですがなんか日本人独特の感性がそうさせるというか……

話は変わりますが日本だと”八重歯”はなんとなく可愛く感じますが欧米だと忌み嫌われるらしいです。

日本では笑顔のアクセントとして魅力の一種とされ、古くより八重歯のアイドルが多数存在したが、欧米では吸血鬼の牙を連想させるため、八重歯は歓迎されない[要出典]。

八重歯 – Wikipediaより

八重歯と違い日本人以外にも”無表情に踊る”とより可愛さを感じるかどうかはわかりませんがフェアリーウインクさんの「笑わないアイドル」コンセプトは普遍的な良さがあると思います。

動画制作にあたり自分なら以下のような2つの段階に分けてフェアリーウインクさんへアドバイスしたいと思います。

最初の動画を制作してリリースするまで送りたいアドバイス

  • 最初から完璧な動画でなくても良いのでまずは実際に作ってネットに上げてみる
  • 視聴者は小学生という事を頭に叩き込んで動画を制作する
  • ダメで元々なので気負いすぎないで気楽にやってみる
  • ダンスの先生など身近な専門家にアドバイスを受けてみる
  • すぐに結果は出なくても落ち込まない
  • もし動画がブレークしなくてもこの経験は将来に役に立ちます

最初の振り付け教室動画リリース後の反響をみていけそうなら実施したい施策

  • 小学生とママさんが理解しやすい懇切丁寧(こんせつていねい)な新たな動画制作(必要なら数回に分けてシリーズ化する)
  • 「天使はどこにいる?」の振り付け動画募集コンテスト的企画を実施する
  • 新たな振り付け教室動画はHKT48公式チャンネルにアップする
  • 教室動画視聴回数によってセカンド・シングル曲リリースチャレンジ企画実施

もしもフェアリーウインクさんのセカンド・シングルが出るなら80年代ユーロビートテーストの明るい曲が聴きたいです

上記の公式MV動画に「もっと明るいダンス曲ぽい方が良かった」と視聴者コメントをされていた方がいましたがデビュー曲「天使はどこにいる?」はとても良い曲ですが明るい曲調とは言い切れぬ点がありもしもセカンド・シングル曲を作るなら明るいダンス曲(80年代ユーロビート)が聴きたいと個人的に思いました。

ユーロビート (EUROBEAT) とは、主に電子楽器を使用したダンス・ミュージックの一種である。Hi-NRG[1]をルーツとしているとされる。

概要[編集]
ユーロビートは、主にシンセサイザー等の電子楽器を多用した、4/4拍子で、BPMが120〜160前後の速いテンポの楽曲である。元は欧州のハイ・エナジー、イタリアで大量に生産された「イタロ・ディスコ」に端を発しており、1980年代後半に日本に持ち込まれて以来、日本のみで独自の発展を遂げているダンス・ミュージックである。

ユーロビート – Wikipediaより

このユーロビートですが”80年代ユーロビート”と”90年代以降ユーロビート”の二種類に分けられるそうです。

年代的に私は断然”80年台ユーロビート”の方が好きです(笑)

最後に

この程度の事は誰でも思いつくアイデアでこうして恥ずかしげもなく後悔するのはかなり躊躇(ちゅうちょ)したのですが自分の頭の整理と文章づくりに役立つと思い公開させて頂きました。

また下記の記事を目にしたのも本拙記事を書いた理由のひとつになります。(女子小学生とママさんを想定するという点は誓いますが下記記事を目にする以前に考えていた事は間違いありません)

親子の間で社会現象、ドラマ発のアイドル「ミラクルミラクル」なぜ人気?関係者に聞く

2/17(土) 8:30配信

ショッピングモールでおこなわれたイベント。観衆と記念撮影に挑むミラクルミラクル
24年ぶりに復活した女児向け特撮実写ドラマ『アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!』(テレビ東京系)に登場するアイドルグループ「miracle2」(ミラクルミラクル)がテレビの枠を超えて人気を集めている。ショッピングモールでおこな…………………..

親子の間で社会現象、ドラマ発のアイドル「ミラクルミラクル」なぜ人気?関係者に聞く (MusicVoice) – Yahoo!ニュースより

とにかくFairy w!nk(フェアリーウインク)さんのコンセプトは素晴らしいと思うんです。

ですのでHKT48運営の皆様!このまま自然消滅的ではなくFairy w!nkを活動継続させる施策実行を切にお願いしますm(_ _)m

ここまで読んでいただき本当にありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

コメントは管理者承認後に表示されますがどうかお気軽にコメントくだされば幸いです

下記名前は空欄可能です(任意入力)

CAPTCHA