テレビ東京「ひらがな推し」運動能力バトル!企画は更に安全対策強化を行ってほしい

「ひらがな推し」運動能力バトル!とは

アイドルグループのけやき坂46メンバーが様々な企画に挑戦していくとても面白いアイドルバラエティー番組の企画の一つになります。

ひらがな推し公式ページ⇒http://www.keyakizaka46.com/s/k46o/diary/tv_hiraganaoshi?ima=0000

昭和の昔からある運動対決企画ですね(笑)

番組中の種目について

2週に渡って放送された本番組ですが以下7種目の競技が行われました。

どれもメンバーの安全性と競技としての面白さがよく練られており番組制作陣の能力の高さと真摯な姿勢が垣間見られた好企画だと思います

ペットボトル片足立ちバトル

これはメンバーが片足で立って上げている足の太ももに水が入ったペットボトルを立ててどのぐらいまで持ちこたえるかの時間の長さを競う競技でした。

メンバーのリアクションの面白さも十分で安全性も全く問題ない素晴らしい新企画だと思います。

卓球スマッシュバトル

自動卓球マシンが繰り出すボールをメンバーが順番に相手サイドに目をゴーグルで保護した状態のMC春日さんめがけて打ち返していく競技です。

春日さんの頭には的がありそこに当てることができるとポイントが更に加算される事がポイント。

少々春日さんが可哀想な気もしますが百戦錬磨のタフな売れっ子芸人さんなので全く問題ないと思います。

ピンポン玉ふーふーバトル

個人的にはこの競技を考えた方を表彰したいぐらい素晴らしい企画だと思います。

競技的にはゲーセンなどにあるエアホッケー的なゲームでピンポン玉を口から出す空気だけで相手側に押し込む事を競う競技です。

アイドルにとてもマッチする面白い競技でした。

鉄棒ぶら下がり耐久バトル

他のバラエティ番組でもよく行われてきた鉄棒ぶら下がり耐久競技です。

本番組では両腕だけではなく両足も鉄棒に巻きつけて争う姿勢が新しい点でした。

メンバーの安全性についての懸念は若干感じました。

上記イメージのとおり両手両足を巻き付けているので場合によると頭から床に落下する危険性があるのではないでしょうか。

また鉄棒の高さがあと少しだけ低ければもっと安全性が高まったと思います。

ただ鉄棒が得意なメンバーの鉄棒を披露する必要性があった為に鉄棒で回れるギリギリの高さが必要との判断だと推測しました。

しかしながら次回も同じ競技を行う場合は鉄棒の高さを更に低くしてヘルメット着用して行う事を提案したいです

どうしてもこの2点の対策が講じられない場合は最低でも衝撃吸収マットの厚さをあと2枚ほど追加しての競技実施を強く提案します。

リンボーバトル

私が一番懸念を感じた(危なかった)競技企画はこの企画です。

まずは下記画像を御覧ください。

以前にSKE48の須田亜香里さんやHKT48兒玉遥さんらも挑戦していた柔軟女王企画の一つでリンボーダンス競技です。

上記画像の赤四角で囲ったところに注目してください。

後ろのメンバーが崩れる瞬間に危うくメンバーの膝頭が前方のメンバーの顔に当たってしまう危険がありました。(幸いにも怪我はありませんでした)

私はこの競技が個人ではなく複数で同時に行われる段階で危なそうな競技だと思いましたが同様の危惧を持たれた方は多いのではないでしょうか。

企画としてはとても面白い試みでしたが新たな安全対策が実施されない場合は同企画は行わない事を強く提案したいです

手押し相撲対決

これも古くから行われてきた企画で衝撃吸収マットも貼られており安全性には問題ないように感じました。

企画としても面白かったです。

大縄跳び対決

これについては事前に準備運動をしっかり行い競技参加者の体調面の課題がクリアーされていれば安全性についてはそんなに問題はないかと思いました。

最後に

ひらがな推し放送より前に乃木坂工事中で行われた運動対決企画は正直文句の付けようが無いぐらいに安全かつとても斬新で面白い企画に思いました。

ひらがな推しも同じ制作陣で制作されているはずなので乃木坂工事中みたいに安全かつ面白い運動対決企画を今後も実施してほしいと思います。

乃木坂工事中及び欅って書けない、ひらがな推しの3番組は恐らく日本一のアイドルバラエティ番組だと心底思います。

私はこの番組の大ファンです、今後も是非メンバー愛に溢れる好企画の番組制作を陰ながら応援しております。

ここまで読んでいただき本当にありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

コメントは管理者承認後に表示されますがどうかお気軽にコメントくだされば幸いです

下記名前は空欄可能です(任意入力)

CAPTCHA