(採譜コード付完了)ご存知でしたか昭和20年以前の田植えは梅雨どきに行われてた事「稲」採譜コード付練習第4回(最終回)

幼年唱歌「稲」について

「稲」の歌詞中に五月雨(さみだれ)という語があるのですがこれ旧暦5月現在の6月の梅雨を表すワードでもあるのですね。

でも田植えの季節が梅雨に行われるイメージないですよね?

WIKIによれば昔は6月の初夏ぐらいに田植えが行われていたそうです。

これが何故春の時期に早まったのかは下記Wikipediaを是非読んでみて下さい。

時期[編集]
かつて田植えは、梅雨の季節に集中的に行われており、初夏の風物詩の一つであった。田植え時期が早まるようになったのは、昭和二十年代以降………..

田植え – Wikipediaより

原曲キーはGメジャーで楽譜とフル歌詞は下記リンク先を参照ください。

https://web.archive.org/web/20190306062910/http://www.geocities.jp/saitohmoto/hobby/music/younen/younen.html#2b06

採譜コード付け完了した「稲」楽譜について

ツーファイブワンのコード感があまり的確に体感できていなかったので前回のコード付けは酷かったです。だいぶまともに修正できましたのでご笑覧ください。

採譜コード付け完了した「稲」楽譜再生動画(MP4形式)について

採譜コード付け完了した「稲」楽譜再生動画(MP4形式)-コード伴奏のみ版について

最後に

本曲は251(Dm7,G7,CM7)のコード感と4度コードFM7というハ長調で使われるコード感を会得する恰好の曲だと思います。これをマスターすれば殆どの長調曲は普通に歌えるコード付けできる気がします。

↓コード本無しでコード構成音を導く法則を知りたい方はかなり役立つ良書籍で私も本書に救われた一人です

 

「魔法はいまここに在る!」いまここで練習していつの日かできるようにお互いがんばりましょう!

ここまで読んでいただき本当にありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

コメントは管理者承認後に表示されますがどうかお気軽にコメントくだされば幸いです

下記名前は空欄可能です(任意入力)

CAPTCHA