大河ドラマ「太平記」で堤大二郎さんが演じた「護良親王」採譜コード付練習第3回

幼年唱歌「護良親王(もりよししんのう)」採譜コード付練習

太平記で有名な後醍醐天皇の皇子で武勇に優れた武将です。

非常に興味深い人物ですが下記Wikipediaに興味深い逸話がありますのでぜひ。

護良親王(もりよししんのう / もりながしんのう)、延慶元年(1308年) – 建武2年7月23日(1335年8月12日)は、鎌倉時代後期から建武の新政期の人物。後醍醐天皇の皇子、母は源師親の娘親子。妃は北畠親房の娘。または藤原保藤の娘である南方(みなみのかた)。興良親王の父。大塔宮(だいとうのみや / おおとうのみや)と呼ばれた。天台座主。征夷大将軍。

中先代の乱の混乱の中で、足利直義の命を受けた淵辺義博によって殺害された。天皇の子息が殺害されるのは異例のことである。

護良親王 – Wikipediaより

原曲キーはGメジャーですがどことなく悲しげなメロディーでなんとも日本的な感じがします。

原曲楽譜と全歌詞は下記サイトまで。

http://www.geocities.jp/saitohmoto/hobby/music/younen/younen.html#3b08

今日まで採譜コード付した楽譜について

コード付苦戦中です。

なんかあっているかあまり自信持てませんが現時点では頑張って改良しました。

楽譜再生動画(MP4形式)について

次回採譜コード付練習に向けて

とにかく一晩寝てまたコード進行妥当性を確認してみます。

↓単三電池6本で10時間可動

「魔法はいまここに在る!」いまここで練習していつの日かできるようにお互いがんばりましょう!

ここまで読んでいただき本当にありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

コメントは管理者承認後に表示されますがどうかお気軽にコメントくだされば幸いです

下記名前は空欄可能です(任意入力)

CAPTCHA