遂に8分の6拍子曲が登場、幼年唱歌「年の暮れ」採譜コード付練習第1回

幼年唱歌「年の暮れ」採譜コード付練習

年越しそばの風習はやはり江戸時代からなのですね。

年越しそば(としこしそば)とは、大晦日(12月31日)に縁起を担いで食べる蕎麦で、歳末の日本の風物詩ともなっている、日本の文化であり風習である。地域による特色があり、呼び方も晦日蕎麦[1][2]、大年そば[1]、つごもり蕎麦[1][2]、運蕎麦[2]、また、大晦日蕎麦、年取り蕎麦、年切り蕎麦、縁切り蕎麦、寿命蕎麦、福蕎麦、思案蕎麦と多くある。

概要[編集]
江戸時代には定着した日本の文化であり、ソバは他の麺類よりも切れやすいことから「今年一年の災厄を断ち切る」という意味で、大晦日の晩の年越し前に食べる(#歴史と由来を参照)蕎麦である(地域差もある。後述)。2012年現在、大晦日に年越しそばを食べる人は57.6パーセントにのぼり、風習として深く定着していることが窺える[3]。

日本各地に見られる文化であり、地域の特色の現れたさまざまな形式のそばが存在する。

年越し蕎麦 – Wikipediaより

本曲から遂に8分の6拍子曲が登場です。

原曲キーはFメジャーでオリジナル楽譜は下記で確認できます。

http://www.geocities.jp/saitohmoto/hobby/music/younen/younen.html#3b06

小節ごとの拍の数え方は”日本語だと”イチニーサン・ニーニーサン…..”で英語だと”one two three・two two three…..”という感じでパルスを刻みながらリズムを読んでいきます。

8分の6拍子がいまいちわかりません。
8分音符を1拍として6つあるということで、つまり8分音符が6つあるということですよね?
ただこの8分音符は…………..

8分の6拍子がいまいちわかりません。8分音符を1拍として6つあるとい… – Yahoo!知恵袋より

今日まで採譜コード付した楽譜について

どことなくメロディーがクリスマス感があるのは西洋曲だからかもしれません。

楽譜再生動画(MP4形式)について

次回採譜コード付練習に向けて

幼年唱歌も後半で終わりも見えてきてるのでコード付も難しくなってきています。

おそらく本曲も苦労すると思いますが久々の8分の6拍子曲なので張り切ってコード付チャレンジします。

↓送料込みで2千円台の価格なら底値と判断して良いと思います

「魔法はいまここに在る!」いまここで練習していつの日かできるようにお互いがんばりましょう!

ここまで読んでいただき本当にありがとうございました。

コメントを残す

コメントは管理者承認後に表示されますがどうかお気軽にコメントくだされば幸いです

下記名前は空欄可能です(任意入力)

CAPTCHA