牛若丸(源義経)伝説唱歌「牛若丸(うしわかまる)」採譜コード付練習第3回

唱歌「牛若丸」採譜コード付開始

有名な牛若丸こと源義経(みなもとのよしつね)の有名な逸話を歌詞にした幼年唱歌収録曲です。

原曲キーはCメジャー。

歌詞と原曲楽譜は下記リンク先のサイトに掲載されています。

http://www.geocities.jp/saitohmoto/hobby/music/younen/younen.html#2c08

義経のWikipediaがとても興味深いので是非読んでみてください。

源 義経(みなもと の よしつね、源義經)は、平安時代末期の武将。鎌倉幕府の初代将軍・源頼朝は異母兄。仮名は九郎、実名は義經(義経)である。

河内源氏の源義朝の九男として生まれ、幼名を牛若丸(うしわかまる)と呼ばれた。平治の乱で父が敗死したことにより鞍馬寺に預けられるが、後に平泉へ下り、奥州藤原氏の当主・藤原秀衡の庇護を受ける。兄・頼朝が平氏打倒の兵を挙げる(治承・寿永の乱)とそれに馳せ参じ、一ノ谷、屋島、壇ノ浦の合戦を経て平氏を滅ぼし、最大の功労者となった。その後、頼朝の許可を得ることなく官位を受けたことや、平氏との戦いにおける独断専行によって怒りを買い、このことに対し自立の動きを見せたため、頼朝と対立し朝敵とされた。全国に捕縛の命が伝わると難を逃れ再び藤原秀衡を頼った。しかし、秀衡の死後、頼朝の追及を受けた当主・藤原泰衡に攻められ、現在の岩手県平泉町にある衣川館で自刃した。

その最期は世上多くの人の同情を引き……………

源義経 – Wikipediaより

採譜コード付完了した楽譜について

一晩寝かせ魔法の効果かなんと最後の小節まで「CM7」ではなく「C7」に修正をしました。

もしかしてかなりセオリー無視しているかもしれませんが自分で聴いて、歌って「C7」の方がしっくり来ましたので。

楽譜再生動画(MP4形式)について

楽譜再生動画(MP4形式)-コード伴奏のみ版について

最後に

今回の採譜コード付も新たな経験と知識を(1小節目、最後の小節にドミナントコード「C7」にしたこと)学ぶことができました。

色々試行錯誤は続くと思いますが少しずつ上達していきたいと思います。

↓私はこの書籍のおかげでぐっとコード理解が進みました

「魔法はいまここに在る!」いまここで練習していつの日かできるようにお互いがんばりましょう!

ここまで読んでいただき本当にありがとうございました。

コメントを残す

コメントは管理者承認後に表示されますがどうかお気軽にコメントくだされば幸いです

下記名前は空欄可能です(任意入力)

CAPTCHA