「すめらぎ」の意味ご存知ですか?唱歌「金鵄勲章(きんしくんしょう)」採譜コード付練習第2回

唱歌「金鵄勲章(きんしくんしょう)」について

我が国でかって制定されていた勲章の一つで由来となった神武天皇の東征の逸話を歌った幼年唱歌収録曲です。

金鵄勲章については下記Wikipediaが詳しいので是非参考ください。

金鵄勲章(きんしくんしょう)は、かつて制定されていた日本の勲章の一つ。日本唯一の武人勲章とされ、武功のあった陸海軍(陸軍・海軍)の軍人および軍属に与えられた[1]。金鵄章ともいう。

「金鵄」という名前の由来は、神武天皇の東征の際に、神武の弓の弭にとまった黄金色のトビ(鵄)が光り輝き、長髄彦の軍を眩ませたという日本神話の伝説に基づく。

金鵄勲章 – Wikipediaより

今回コード付する唱歌「金鵄勲章」の原曲楽譜と全歌詞は下記URLで確認できます。

http://www.geocities.jp/saitohmoto/hobby/music/younen/younen.html#2c02

タイトル中の「すめらぎ」の意味ですがずばり「天皇」を表す別称です。

すめら‐ぎ【天=皇】の意味

天皇(すめらぎ)の意味 – goo国語辞書より

今日まで採譜コード付した楽譜について

予想してたよりもずっとコード付難しかったです。

全小節コード付できましたがメロディーラインが低すぎて全体的に重すぎてあまり適切でないかもしれません。

そのために3小節目のG7左手で鳴らす音を一つ削っています。

もしもこのメロディーラインで演奏するなら左手コード音は2音(3度と7度等)にして伴奏するともっとすっきり聴こえるかもしれません。

楽譜再生動画(MP4形式)について

次回採譜コード付練習に向けて

メロディーラインが低すぎる件もありますがコード付の妥当性とメロディーライン1オクターブ上げて採譜しなおすかもしれません。

↓左手コードボイシングで参考になりそう、Kindle unlimited会員無料なので読んでみて良かったら解説記事アップしますね

「魔法はいまここに在る!」いまここで練習していつの日かできるようにお互いがんばりましょう!

ここまで読んでいただき本当にありがとうございました。

コメントを残す

コメントは管理者承認後に表示されますがどうかお気軽にコメントくだされば幸いです

下記名前は空欄可能です(任意入力)

CAPTCHA