京都府大江山の鬼退治伝説を歌った「大江山(おおえやま)」採譜コード付練習第1回

唱歌「大江山(おおえやま)」について

古来より伝わる大江山に住む鬼退治伝説を歌った曲になります。

Wikiによれば3種類の鬼退治伝説があるそうです。

大江山には鉱物資源がありそこで潤っていた住人をときの権力者排除(退治)した事を隠す意味があったとか。

他の説では帰化人が山賊化した鬼に例えられた等もあるようです。

興味深いので下記Wikipediaを是非。

鬼退治伝説[編集]
大江山には3つの鬼退治伝説が残されている。一つは、『古事記』に記された、崇神天皇の弟の日子坐王(彦坐王)が土蜘蛛陸耳御笠(くぐみみのみかさ)を退治したという話。二つめは聖徳太子の弟の麻呂子親王(当麻皇子)が英胡、軽足、土熊を討ったという話、三つめが源頼光と頼光四天王が活躍したことで知られる、有名な酒呑童子伝説である。酒呑童子#妖怪としての酒呑童子を参照の事。 これは能の演目『大江山』(五番目物の鬼退治物)にもなっている。 これらの伝説にちなみ、大江山の山麓にあった廃鉱となった銅鉱山跡に1993年(平成5年)大江町(現在は福知山市の一部)によって日本の鬼の交流博物館が作られた。

なお、酒呑童子の本拠とした「大江山」は、この丹後の大江山であったという説のほかに、京都市西京区にある山城国と丹波国の境、山陰道に面した大枝山(おおえやま)という説もある。

鬼退治伝説の意味[編集]

この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2014年1月)
大江山では鉱山技術により富を蓄積していた。これに目を付けた都の勢力は兵を派遣、富を......................

大江山 – Wikipediaより

物語性の高い歌詞なので貴重な原曲楽譜などが満載の下記サイトを訪れることオススメです。

http://www.geocities.jp/saitohmoto/hobby/music/younen/younen.html#2a03

今日まで採譜コード付した楽譜について

原曲はDメジャーです。

楽譜再生動画(MP4形式)について

次回採譜コード付練習に向けて

歌いやすい(覚えやすい)曲なのでコード付も楽しくスムーズにできそうです。

↓なにが良いってコードも殆どの曲に掲載されてる事

「魔法はいまここに在る!」いまここで練習していつの日かできるようにお互いがんばりましょう!

ここまで読んでいただき本当にありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

コメントは管理者承認後に表示されますがどうかお気軽にコメントくだされば幸いです

下記名前は空欄可能です(任意入力)

CAPTCHA