大正9年(1920年)初出アマポーラ(ヒナゲシの花)採譜コード付練習第3回

アマポーラについて

今回採譜コード挑戦中の曲についてのお手本動画や詳細については下記拙ブログをご参考ください。

今日まで採譜コード付した楽譜について

実は採譜に取り組んだのですが今日は全く採譜できませんでした(;_;)

これまでの採譜挑戦した曲はリズムが難しくても音程はほぼ問題なく取れたのですが今回の曲はリズムだけでなく音程も全然取れないんです。

ちょうど今浮かんだのですが私はあくまでも歌詞で歌いながらメロディーを覚えていたのですがそれがメロディーを覚えられない原因かもしれないと気づきました。

鼻歌を歌うようにメロディーを歌いながら覚えたほうが良いかも知れない。

「AMAPOLA」のハ長調コード付きの楽譜付き動画が既に公開されている

私の採譜コード付けの方法は原曲のキーは一切無視してCメジャーもしくはAマイナーで脳内変換して(歌って)楽譜化する練習なのですが既にYoutubeにそのものずばりの動画がありました。

ご丁寧に当記事のようにメトロノーム音付きの楽譜再生動画です。

次回採譜コード付練習について

上記のような理由でこの曲を採譜コード付け練習を継続するか迷っております。

少し考えてみます。

↓やはり馴染みの深い日本のうたで見つけた曲の方が今のレベルに合ってるのかもしれません。

「魔法はいまここに在る!」いまここで練習していつの日かできるようにお互いがんばりましょう!

ここまで読んでいただき本当にありがとうございました。

コメントを残す

コメントは管理者承認後に表示されますがどうかお気軽にコメントくだされば幸いです

下記名前は空欄可能です(任意入力)

CAPTCHA