コード(和音)構成音を導く法則と丸暗記が必要な要点が理解できるかなりの良書です「超カンタン!! 35分でわかるコードのしくみ」

私はご多分にもれず結構多くのコードやピアノ関連で教則本を購入してきましたが今回紹介する「超カンタン!! 35分でわかるコードのしくみ」は具体的に丸覚えするポイントが明確に明記されておりコードについてメリットや役割をある程度は理解できたけどじゃああの膨大な数のコードをどうやって覚えるのかわからずに頭を抱えて絶望していた私には救世主的な本になりました。

ただしタイトルの35分でコードの全てがわかる事はさすがにありませんが他のコード関連教則本を読んでもCm7等のコードを見てもルート音のCは出てきても3度の音は何が該当するのかすぐに出てこない方はその音の導き出すいわば数学の公式みたいなポイントを本書から学ぶことができます

本書には記載されていませんが以下のポイントを事前に頭に入れておけばより本書の理解が進むと思います。

参考にして貰えれば幸いです。

コード構成音を覚える為のポイント

コードは無数に存在するように思えるが実際には曲の調(キー)ごとに使う(覚える)コードが絞れるので覚える数はそれほどでもない

ある曲を伴奏するためにコードを覚える必要がある場合などはその曲に必要なコードは限定されます。例えばハ長調の曲に限った最低限の伴奏なら3個のコードを覚えるだけで可能です

有名な「われは海の子」でもCとFとGコードの三つで伴奏ができます(以下動画ご参照)

コード各々の全ての構成音を覚えるのではなくコードのルート音(根音)を基準にしたある法則から個々の音が導き出せるので何千個の音を丸暗記する必要性はない

無数にあるように思えるコードをやみくもに覚える必要はありません。なぜならコードの構成音は共通の法則を使えば法則をもとにいつでも構成音を導き出せるからです。

ある法則をもとに鍵盤図などの半音の数を数えていけばあるルート音の構成音を特定できるんです。

最初のうちはいちいち法則を利用して順次構成音を時間がかかりつつも導き出すことになりますが繰り返していくうちにそのプロセスが段々と時間がかからなくなっていきます。

しまいには自然とコード表記を見た途端に手グセのごとく構成音が自然に短時間で頭に浮かんでくるようになります。

Piano

コードCmの構成音を導き出す思考プロセス例

  1. コードCmの3度音は?→あるマイナーコードのルート音から3半音上の音がマイナー3度の構成音である法則から→D#がコードCmの構成音の3度音である
  2. コードCmの5度音は?→あるマイナーコードのルート音から5半音下の音が5度の構成音である法則から→GがコードCmの構成音の5度音である
  3. コードCmの全ての構成音は?→ルートのC音 + マイナー3度のD#音 + 5度のGの計3音
コードを実際に演奏するにあたって全てのコード構成音を演奏する必要はない(2音だけの方が良い場合もある)

今では笑い話のようですがコードを学び始めたばかりの頃はコードはその構成音全てコードの構成音全てを演奏しなくてはコードの役割を果さないと思い込んでいました(笑)。

実際の演奏では全ての構成音を弾くことは逆に少ないようです。メロディーなどの兼ね合いであえて構成音を省いた方が美しい演奏になるからです。

コードを覚える際にはあえてコード構成音の中でもっとも重要な3度の音だけにしぼって覚えるという手も大いにありえます。じっさいにルートと3度の音2音だけならしても十分にコードに聴こえます。

12の全調の長音階を弾けるならコードの構成音を導き出す法則をすでに手中にしている

コードを導き出す法則はルート音などを基準として鍵盤の半音の数を数えて構成音を導くという法則です

例えばC(ハ)の長音階はCDEFGABですがこれはコードCの3度音は長音階の3番目のEマイナーのCmならEから半音下のE♭(D#)になるそれではハ長調の長音階の5番目の音は?

ソ(G)ですよね。すなわちコードCの構成音はC(ハ)の長音階の最初のC(ド)と3番目E(ミ)と5番目G(ソ)になります。

これと同様にD(ニ)の長音階はDEF#GABC#であることからコードDの構成音はD(レ)F#(ファ#)A(ラ)の計3音になりますね。

Piano

前置きが長くなりましたが以下に本書紹介を明記します

アマゾンレビューにもありますがこの本を読んでもさすがに35分ではコード全てを理解することは不可能に近いです。

ただしコードは丸暗記しなくてもピアノ鍵盤をイメージしてルート音等を基準にして半音の数を数える事で導き出せるという事なら35分で理解できるかもしれません

私もこの本の「これだけは覚えよう!」に記載された重要ポイントを丸暗記する項目を抜き出して覚える努力によりかなりコード構成音を覚える事が容易になりました。

またタイトルにもあるようにコードのしくみを解説した本ですのコード演奏方法には触れていません。コードがあるていど覚えられたら他のコード弾き教則本をあたってみることが必要でしょう。

以下アマゾン商品ページより引用

内容(「MARC」データベースより)

言葉が難しい、舌を噛みそうな横文字が多い、言っていることが「感覚的」でよくわからない…。そんな難しいイメージのあるコード理論を、わかりやすい言葉で解説。コードの基本中の基本、大切な事柄のみを取り扱う。

目次

1CONTENTS
2Lesson1 音程って何だ?
3●何で音程を知らなきゃいけないの?
4●音程は「度」で表す
5●ドとレ、ミとファは同じ2度??
6●3度も長短で表そう!
7●完全な4度と5度
8●1度と8度も「完全」
9●長短で表す6度と7度
10Lesson2 コードの基本は3和音
11●メジャートライアドとは何だ??
12●マイナートライアドとは何だ?
13●オーグメントトライアドとは?
14●ディミニッシュトライアドとは?
15●サスフォーとは何か?
16Lesson3 ドレミファソラシで3和音
17●「ドレミファソラシ」に音をのせてみよう!
18●スリーコードとは?
19●似ているコードを使ってみよう!
20●色々な代理コードを弾いてみよう!
21●Gのキーのダイアトニックスケールコード
22Lesson4 ドレミファソラシで4和音
23●さらに音を乗せてみよう!
24●4つの音のダイアトニックスケールコード
25●「6th」とは何か?
26●色々なキーのダイアトニックスケールコード
27●マイナーキーのダイアトニックスケールコード
28Lesson5 オシャレなコードでレベルアップ!
29●「テンション」とはなんだろう?
30●ディミニッシュコードについて
31●ベース指定のコードについて
32●コードの書き方について
33Lesson6 コード進行の基本の基本!
34●コードの進行
35●ツーファイブとは何か?
36●マイナーキーでのツーファイブ
37●ツーファイブの実践(メジャーキーの場合)
38●ツーファイブの実践(マイナーキーの場合)
39●ケーデンスとは何か?
40Lesson7 色々なコード進行
41●よく使われるコード進行色々
42●マイナーキーのコード進行色々

「魔法はいまここに在る!」いまここで練習していつの日かできるようにお互いがんばりましょう!

ここまで読んでいただき本当にありがとうございました。

コメントを残す

コメントは管理者承認後に表示されますがどうかお気軽にコメントくだされば幸いです

下記名前は空欄可能です(任意入力)

CAPTCHA